擦り傷の野菜たち

JUGEMテーマ:野菜
 
気温が高くてジメジメと雨が降り続くのこの時期、野菜にとっても厳しい時期です。

人参


 眞弓さんの人参です。
 

人参2


 少し黒ずんだ斑点から、水分がにじみ出てきています。
 洗い人参、特に機械を使ったものは、表面にあるほんの薄い皮も削り落してしまうため、
極端に傷みやすくなってしまうのだとか。

 雨の続くこの天気は、人参に限らずピーマン、シシトウ、ゴーヤなど、多くの野菜が傷みやすくなっています。
 お野菜が届きましたら、お早めに冷蔵庫に入れるなど適切に保存ください。
 また、各生産者とも、袋詰めの際にはも細心の注意を払っていますが、もし傷みなどありましたら対応しますのでご連絡ください。よろしくお願いいたします。


<オマケ>

 阿蘇の井手さんのトマトです。擦り傷か、それとも何かの栄養分の不足でしょうか? 表面に傷が。
それにしても個性的な形ですね。もちろん包丁で切り落とせば美味しく頂けますよ!

トマト


7月16日(金)グリーンボックスの予定について

JUGEMテーマ:野菜
 
 7月16日(金)お届けするグリーンボックス野菜の予定についてお知らせします。

青ボックス

    かぼちゃ、きゅうり、ゴーヤ、ししとう、トマト、なす、ピーマン

緑ボックス

    玉ねぎ、人参、かぼちゃ、きゅうり、ゴーヤ、シシトウ、トマト、なす、ピーマン


天候などの都合により、変更されることがあります。ご了承ください。

娘さんの手書き! キンショウメロンの折り込みです!

JUGEMテーマ:果物

 爽やかな甘みと、サクサクとした心地よい食味が美味しい正木さんのキンショウメロン。
 それを気持ちいっぱいに紹介してくれるのが、このコミカルでかわいい絵柄がたくさん詰まった、自慢の折り込みです!
 正木さんはこれを必ず同封して出荷するそうです!

 
 今年はもうそろそろ出荷終了とのこと。また来年に向けて美味しいメロンを期待しています!


笹渕さんの路地トマトが出始めました!

JUGEMテーマ:野菜
 
 笹渕さんの路地トマトの出荷が始まりました!
 笹渕さんのトマトは、自ら機械を導入して作っている生ゴミたい肥100%使用で、しかも、完熟したものを収穫しています。そのため、これまでのハウスもののそれとは旨みが違ってきます。
 


(写真↓):これが生ゴミ堆肥。生ゴミから連想されるような臭いではなく、何とサイダーのような甘い香りがします!


 ただ今年に限っては少々不安要素も。
 例年この時期にスタートし、約一カ月の間お届けしていましたが、やはり他の生産者同様「苗木の状態がいつもより良くない」と感じています。
 最初の実のなり方には勢いがあるのですが、今後、それが維持できるのか、もしかしたらかなり早く収穫できなくなってしまうかも、と、心配しています。

 
今年の多雨・日照不足の影響が笹渕さんのトマトの味にどう影響しているのか、注意深く味わってみたいと思います。



田植え作業が始まりました!

JUGEMテーマ:農作業・家庭菜園

  城北地域で田植えが始まりました。
 この地域では6月20日位が最も良いとされているようですが、待ち切れずに作業を始めるところも多いようです。
 また、代かきをしているところ、まだ水
が入っていないところなど、田んぼごとに
違いがあり、この時期特有の活気とせわしなさを感じさせてくれます!


有精卵農家の堀さんの苗も順調に育ち、田植えの時を待ちうけています!



ちょっぴり残念なそら豆です。

JUGEMテーマ:野菜

 旬のお野菜そら豆ですが、先日の大雨の影響を受けて、サヤの見た目が悪くなってしまいました。中の豆には問題ないので生産者はあえてそのままにして、極端に悪い物だけを省いたうえで出荷しています。


 外の皮の見た目を気にすると、雨が降る前に入念な農薬散布が必要になってきます。安全・安心の証拠ともいえるのですが…やっぱりちょっと残念。

 また、収穫終了間際ということもあり、サヤの小さい物もあるため、生産者は価格を下げて量も大幅に増やして出荷しています。



せっかくのスイカが・・・

JUGEMテーマ:果物
 

収穫直前だった猿渡さんのスイカが、カラスやタヌキにやられてしまいました。獣よけのネットが風か何かで外れた隙に入ってきたのだそうですが、被害は数十玉に及びます。
 タヌキは丸々1玉食べてくれるのでまだいいのですが、カラスは次から次に傷をつけていくので始末に負えません。
 中身は全く問題ないのにもったいない!



農業は家族みんなで!

JUGEMテーマ:農作業・家庭菜園

 先日有精卵農家の堀さん宅で、娘さん夫婦やご近所の方も集まって、田植えの苗箱作りが行われました。

 (写真1)家の庭先でイネもみを苗箱に落としていく作業です(なぜか写真が白黒なのはご勘弁^^;)。
  経験豊かな高齢者はもちろん、小さな子どもにも活躍の場があるのが農業のいいところです!


 (写真2)均等にイネもみを落としていく機械に子どもは興味津々です。


(写真3)出来上がった苗箱を、田んぼの一角へ並べていきます。
  これから約一カ月先の田植えまで、見回り、水やりなど、細かな気配りが欠かせません。



日照不足が尾を引いています。

JUGEMテーマ:環境・天候
 
 
ニュースや注文書でお知らせするやいなや、早速多くの方からご注文いただいた早生キャベツとキンショウメロンですが、現場の生産者は苦戦中です。
 折からの日照不足で、苗や実が育ちきらないとのこと。正木さんのキンショウメロンに至っては例年より収量が3割も少ないとのこと。今しばらくは贈答用のご注文も含め、遅れたりお届けできなかったりしますが、どうかご了承ください。

城北農民組合 産直センターの地図です。

城北農民組合 産直センターの所在地です。

つつましやかなプレハブ小屋ですが、お近くをお通りの際はお立ち寄りください。


住所:熊本県荒尾市上平山978-3

電話・FAX共通:0968-66-3554

E-mail:johoku_nomin○ybb.ne.jp 左記○を「@」に変換して下さい。




より大きな地図で 城北農民組合 事務所 を表示



calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

時計

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:961 最後に更新した日:2019/08/24

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM